メニューへ  iinet主催 ヤーコン料理教室

我が家のヤーコンレシピ



【ヤーコン】 フルーツ風デコレーションケーキ

2002/12/22 クリスマス会を兼ねて、ヤーコンの試食会を開催!
料理からお菓子にまで活用でき、健康にもいいヤーコンに参加者全員が興味深々でした。

  調理日(2002/12/22)

ヤーコンフルーツ風デコレーションケーキの作り方  
 1 鳥骨鶏卵を卵白と黄身に分ける。
 2 ・分量の半分の砂糖を卵白に加え泡立器かハンドミキサーで極め細やかな艶が出るまで充分に泡立る。黄身も同様にし、両方を合わせさらにむらがなくなるまで混ぜ合わせる。(湯銭にかけながら泡立てても良い)
 3 ・薄力粉を3回ふるって(2)に振り入れ、ゴムベラで底からさっくりと泡を潰さないように混ぜ合わせる。
 4 ・(A)を煮溶かして、(3)に振り入れ、さっと混ぜ合わせる。
 5 ・20cmのケーキ型にサラダ油をまんべんなく塗り、クッキングペーパーをケーキ型に切って貼付け、(4)を流しいれる。
 6 ・オーブン強で25分〜30分くらいで焼き上がります。
 7 ・ケーキを焼いている間に、レモンを絞り、ヤーコンの皮を剥き少量のレモン果汁をかけ、褐色するのを防ぎ、1mmから1.5mm幅の輪切りにしさらに千切りにし、鍋にレモン果汁とオリゴ糖、千切りにしたヤーコンを入れ水気が少なくなるまで火にかけ冷ましておく。
 8 ・ゼラチンを水に振り入れよく溶かす。
 9 ・(C)を鍋に入れ黄色がきれいに出るまで火入れし火を止め、(8)を入れよく混ぜ合わせ冷ましておく。
10 ・焼きあがったら、すぐ取り出し20cmくらいの高さから型ごと落として、焼き沈みを防ぎ、スポンジを型から取り出し、クッキングペーパーをそっと剥がし、ネットの上で冷ます。
11 ・冷蔵庫でよく冷えた生クリームを大き目のボールに入れ粉砂糖とブランティを加え泡立器かハンドミキサーでホイップ。
12 ・さめたスポンジを横半分にし、(A)をハケで全体にぬり、(11)を切ったスポンジの下の上面に薄めに塗り、適当な大きさに切ったパイナップルを並べ、その上に(11)をむらなく塗り、上のスポンジを重ねさらに全体に(11)を塗る。
13 ・絞り器に(11)を適量入れ、クリームを飾る。
14 ・ケーキの中心に(7)をまんべんなく入れ、その上から(9)を平らに流し入れ冷蔵庫で冷やしておく。
15 ・(9)が固まったら、ミントの葉を飾って出来上がり。

※サフランの香りを大切にしたかったのでバニラエッセンスは控えました。

鳥骨鶏卵は鶏の卵よりも平均小ぶりなので5個使用しました。

※鶏の卵の場合ですと大で3個中ですと4個が適当です。



・・・ヤーコンについて・・・

ヤーコンは南米アンデス原産のキク科の植物(サツマイモはヒルガオ科、ジャガイモはナス科)で、ダリアと同じ仲間です。

ヤーコンに豊富に含まれるフラクトオリゴ糖はビフィズス菌により分解されてできた有機酸がカルシウムやマグネシウムなどのミネラルの吸収を高める。

 虫歯菌により分解されないので、虫歯になりにくい。

★腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やす。有害菌が減少し、腸内が健全になり、便秘の完全など整腸効果がある。
    
材料(8人分)
・ヤーコン 200g
・オリゴ糖 100g
レモン 中1個
・薄力粉 100g
・砂糖 100g
・鳥骨鶏卵 やや大きめ
5個
・ゼラチン 小さじ1
・水 大さじ1
・パイナップル缶詰 4枚

(A)
・蜂蜜 適量
・ブランティ 適量

(B)
・バター 30g
・牛乳 大さじ2

(C)
・オリゴ糖 20g
・サフラン 適量
・水 20cc

(D)
・生クリーム 1パック
・粉砂糖 10g
・ブランティ 適量




メニューへ